くるみ割り人形・炎の手刀 くるみ割り人形の評価 キラー+重力バリア!

公開日: 

くるみ割り人形・進化後 炎の手刀 くるみ割り人形の評価

くるみ割り人形・炎の手刀 くるみ割り人形

くるみ割り人形・炎の手刀 くるみ割り人形

状態モンスター名レア評価
通常くるみ割り人形☆446点
進化炎の手刀 くるみ割り人形☆556点

※選択で各項目までスクロール

 

通常・くるみ割り人形の詳細

くるみ割り人形 画像

くるみ割り人形 画像

基本情報

くるみ割り人形基本情報
NO.1510
属性
レア☆4
種族妖精族
ボール種類反射
タイプパワー型
アビリティアンチ重力バリア
ゲージゲージなし
英雄の証あり
わくわくの実の倍率一覧と効果

ステータス

ステータスHP攻撃力スピード
741014413157.60
タス上限値1400140015.30
限界値881015813172.90

SS

ストライクショット説明ターン数
くるみ割りマーチ自身のスピードがアップ12

友情コンボ

友情コンボ説明極威力
ホーミング 88発の属性弾がランダムで敵を狙い撃ち1291

くるみ割り人形の入手方法

プレミアムガチャ

 

進化・炎の手刀 くるみ割り人形の詳細

炎の手刀 くるみ割り人形 画像

炎の手刀 くるみ割り人形 画像

基本情報

炎の手刀 くるみ割り人形基本情報
NO.1511
属性
レア☆5
種族妖精族
ボール種類反射
タイプパワー型
アビリティ鉱物キラー
ゲージアンチ重力バリア
英雄の証あり
わくわくの実の倍率一覧と効果

ステータス

ステータスHP攻撃力
ゲージ
スピード
1257520622174.97
タス上限値2460305026.35
限界値1503523672
28406
201.32

SS

ストライクショット説明ターン数
奥義:胡桃砕破手刀自身のスピードとパワーがアップ18

友情コンボ

友情コンボ説明極威力
メテオ4発のメテオがランダムで敵を攻撃6518

入手方法

くるみ割り人形より進化

スポンサーリンク

進化素材

  • 獣石×30
  • 大獣石×10
  • 紅獣石×5
  • 紅獣玉×1

 

くるみ割り人形の使い道

パワー型なのでスピードは遅いがアンチ重力バリアなので最低限の動きは可能。

また鉱物キラーなのでカンカンすれば、かなりの火力に。

ストライクショットは自身のスピード&パワーアップなのでアビリティと噛み合っている。

 

くるみ割り人形のリセマラ評価

ハズレ。

☆4は論外。

リセマラ頑張ろう。

 

くるみ割り人形の豆知識

童話「クルミ割り人形とネズミの王さま」に出てくる人形。

チャイコフスキーの三大バレエの一つにもなっている。

はしょったあらすじ

むかしむかし、少女マリーはクリスマスプレゼントをもらいました。

プレゼントはお菓子・おもちゃの馬・ネジ式兵隊・お城・くるみ割り人形と豪華でした。

包み割り人形は変な格好をしていましたが、マリーは一番気に入りました。

しかし夜、ネズミの大群が押し寄せてきました。

するとおもちゃたちは動き出し、ネズミの大群と戦争を始めました。

しかしネズミたちは大群なため、多勢に無勢。

ネズミたちはお菓子を要求、さもなければくるみ割り人形をぶっ○すと脅します。

するとくるみ割り人形はマリーに言いました。

人形「Katana please.」

マリー「Yes sir.」

刀を手にしたくるみ割り人形はネズミの王様と一騎打ち。

そして見事勝利し、ネズミを追い返しました。

くるみ割り人形は刀を貸してくれたお礼にマリーを人形の国へ連れて行きました。

朝になってマリーは目を覚ますと、昨日の晩の事を親に話しますが、もちろん信じてくれません。

マリーも夢だったと思い込みます。

それから何年か経つとマリーの家に立派な青年が訪ねてきました。

マリー「who are you?」

青年「I’m kurumi-wari-ningyo」

そう、青年はくるみ割り人形の正体でした。

どうやら呪いでくるみ割り人形にされてしまったが、ネズミを倒す事で呪いが解けたようです。

青年「marry me」

マリー「yes」

二人は結婚して幸せになったとさ。

~FIN~

レア別モンスター評価

スポンサー リンク

注意書き

以下の理由により、当サイトのご利用は、あくまでも参考程度にお願いします。

※評価点や使い道等は個人的主観によるものです。また新たなモンスターやステージの増加などで随時変動します。

※データ・内容等に誤りがある場合が御座います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑